【レポ】シビック・イノベーションは多様性の中で生まれる ー8/3グランド・オープンで実現したかったこと(前編)

2018年5月19日から約1ヶ月半のお試し利用期間を経て、ついに本格始動となった長野県塩尻市のシビック・イノベーション拠点「スナバ」。8月3日に行われたグランド・オープンでは、100名超の参加者が集まり、その記念すべき1日目を盛り上げました。

お試し間の中で、出会ったたくさんの人。関係者だけの形式ばったイベントではなく、運営チームとして「塩尻でこれから何が生まれていくのか、その手がかりが掴めるようなイベント」を作りたい。そんなイメージを持って、イベント企画は試行錯誤しました。

これからスナバは、本格オープンとなります。
8月3日に何が起きたのか、お伝えすると共に、これからのスナバについて少しでもみなさんと想いを共有できればと思います。
 

第一部:アンカンファレンスセッション

人工知能、若手農家サポートの仕組み、事業承継、塩尻におけるシビック・イノベーション、移住など・・。参加者と議論したいテーマを持つ人たちが開催する「アンカンファレンス」は、多くの会合(カンファレンス)のような講演会スタイルではなく、集まった人で議論やブレストをするのに適した8-10名程度で行われます。第一部では、先に決まっていた5つのテーマで、集まった人たちが思い思いに意見交換や議論をしました。

 

1)塩尻のシビックイノベーション

IHT-SNB_20180803_GX7_P1500023 (1).JPG

テーマオーナーは、市役所職員兼スナバスタッフの古畑さん、スナバの基本ストーリーやブランドコンセプトなども手がけた岡本さん。セッションには松本広域圏から性別・年齢・業種も関係なく様々な人が集まりました。それぞれが想像する「シビック・イノベーション」とは何かについて共有したり、東京で起きているシビック・イノベーションの広がりに加え、今後塩尻でどのような動きが生まれつつあるのか、参加者の事例なども共有しながら、自由に議論しました。

 

2)農業のミライを繋ぐ若手農家さんとのプロジェクト「HYAKUSHO」

IHT-SNB_20180803_GX7_P1500021.JPG

進行するのは、WATÉ(ワテ)の木下さん、スナバスタッフでもある田中さん、それから伊那市で活動をする小澤さんの3人。こちらも塩尻市内外から、食や農業に興味を持つ人が集まりました。生産側の農家自身が、消費者との関わりの中でブランドを再確認、自分たちで値段をつける、という仕組みを広めていきたいという「HYAKUSHO」プロジェクト。生産側からは共感の声が多かったものの、消費者立場からはまだまだ価格高騰について懸念の声があがるなど、様々な角度での議論がありました。今後は、プロジェクト自体のコンセプトについてわかりやすいものにしていくと同時に、実際に体験してもらえるイベントも多数開催していく予定。ぜひ一度ご参加ください。

 

3)事業承継 ~まちのビジネスを引き継ぐ仕組みとは~

IHT-SNB_20180803_GX7_P1500019.JPG

こちらの主催は市役所の上間さん、商工会議所の谷田部さんの二人。前月に開催された、行政・民間・生活者の三者連携でイノベーション創造に取り組むMICHIKARA(ミチカラ)でも取り上げたテーマを持ち込む形で開始。集まった参加者も、農業や福祉分野で承継問題に対峙することもあり、具体的な事例の共有もありました。中規模未満の比較的小さい事業ではさらに課題が大きくなることが危惧される中、事業承継のニーズや事業自体の価値を可視化してマッチングできるような仕組みが重要だということや、事業を継業させる側・する側の想いをもっと近づけることが必要だ、といった考えもシェアされました。

 

4)新卒で縁もゆかりもない塩尻に移住してみた!〜塩尻市地域おこし協力隊の私たちの「今」と「これから」〜

IHT-SNB_20180803_GH4_P1330129.JPG

同じく24歳の新卒で塩尻の地域お越し協力隊に応募してきた中島さん・立川さん。中島さんは、ここスナバがメインプロジェクト、立川さんは木曽平沢地域において、空き家プロジェクトや、小道具の修繕・販売の事業に乗り出そうとしています。当日は塩尻内外の地元の人たちとの出会いを通じて、彼女たちの現在に至るまでの心境や生活の変化、それから各自の新規プロジェクトについての構想や想いなどを共有しました。また、参加者には最近塩尻の奈良井地域に移住してきたという人や、奈良井地域において海外観光客などを呼び込むインバウンド事業を行っている人も入り、盛り上がりました。

 

5)人口知能、仮想通貨は地方に何をもたらすのか?どう活用するのか?
 

IHT-SNB_20180803_GX7_P1500028.JPG

塩尻市内で、合宿旅館「陽だまりの家」を経営する村上さんがセッションオーナー。巷でも注目が集まってきている人工知能や仮想通貨を使って、どう地域に貢献していけるのか?テーマに強い関心を持つ人たちが集まりました。最終的には今回のプロジェクトの推進に今後も関わりたいという方が3名現れたとのことで、とても実りあるセッションとなったそうです。また、村上さんは今後もこの分野での知見を集めたいとのことで、勉強会や意見交換会など、継続してやっていきたいそうです。 

 

6)当日になって急遽集結!「長野のいいところをきちんと言えない問題について」

IHT-SNB_20180803_GH4_P1330310.JPG

アンカンファレンスの醍醐味は、型にはまらなくてもよいところ。アンカンファレンス(= 非カンファレンス)というからには、議題も与えられたものだけに参加するのではなく、参加者が話したいと思ったテーマでいつでも集まって議論ができるのです。急遽イルカラナガノの小林さんがメインで、臨時のテーマを立ち上げました。セッションには地元の事業者で製造業や広告代理店で働く人たちも来て、「長野の良さ」について議論しました。

 


当日初めて会った人同士でも熱いトークを繰り広げるアンカンファレンスによって、会場は一気に熱気に包まれます。後編では、塩尻拠点に活動する市民起業家のみなさんによる、ライトニングトークの様子をお伝えします。