【公開】 フィードバックランチVol.4「MICHIKARAの生態を解明せよ!〜塩尻市の進める官民協働の地方創生プログラム〜

【公開】 フィードバックランチVol.4「MICHIKARAの生態を解明せよ!〜塩尻市の進める官民協働の地方創生プログラム〜

こんにちは!スナバ運営スタッフの三枝です。
Vol.3の翌日、超連続的ですがフィードバックランチのVol.4を行います!
https://www.facebook.com/events/2144801442439929/


今回は塩尻市が取り組んでいる地方創生協働リーダーシッププログラム「MICHIKARA」をテーマに掲げた発表でございます。
首都圏大手企業の職員と塩尻市チーム(行政や商工会議所、社会福祉協議会)がチームを組んで、塩尻市チームがリアルに抱えている課題を、実際に塩尻に来て現地現物でヒアリングをしながら、脳みそがちぎれるほど考え抜いたソリューションを市長に提案するというMICHIKARA。
官民協働の座組みとそれを政策にまで落とし込める行政経営システムが評価され、2016年にはグッドデザイン賞を取得したMICHIKARAも、今年で4期目を迎えました!
http://michikara.com

今回の発表者は一橋大学国際・公共政策大学院公共経済プログラム2年の高橋智子さん。
MICHIKARAに興味を持っていただき、今年のMICHIKARAプログラムに伴走。ご自身が学ばれている公共政策という学問的な目線で「塩尻市にとってのMICHIKARAってなんなの?」ということを、客観的に分析した結果を発表していただきます。

事務局兼参加者の地方創生推進課内だけの報告会でも良いのかなーと思いましたが、せっかくなので公開という形で決行しちゃいます!
三枝自身も昨年に塩尻市役所へ転職したきっかけとして「MICHIKARAやっている自治体ってすごい!」というのも一つの要素としてあり、昨年今年と2回参加。市役所の中で当事者としてやっている立場ではなかなか見えない全体像や効果測定が聞けるのがとても楽しみです。

個人的にとても面白い取り組みだなーと思いますので、ぜひぜひ、ランチを食べながらみんなでお話しましょう!!

■こんな人におすすめ!
・「地方創生」というキーワードに関心があり、どんな実践をしているか聞いてみたい方。
・公共政策という学問的な観点から見た行政の取り組みについて触れてみたい方。
・ちょっと来年、自分もMICHIKARAに参加してみたいかも・・・という方。

■基本情報
・日時: 11月1日(木) 12:15-13:15
・場所: スナバ 1F ラウンジ
・参加費: 無料(自分の分のランチをお持ちください!) 
     当日「食堂田中」も開店しますので、スタッフの田中がスープを振舞います(100〜200円)